スポンサーリンク

スナップ・モノクロ

モノクロ写真の高画質写真素材

お気に入りの写真がありましたら「素材ご使用時の注意」にご同意の上お持ち帰りください。

このページはモノクロ写真の素材集です。鄙びた漁村(荒井浜)や水引集落の写真が主になっています。

  •  ダウンロード画像は長辺が1024pxになっています。クリックをすると長辺500pxの画像が見られます。
  • その大きさで良かったらコピーか名前を付けて保存でお持ち帰りください。
  •  お好みの写真の傾向を知りたいと思いますので、お持ち帰りの際、掲示板でお知らせいただけたら嬉しく思います。
  •  掲示板

スポンサーリンク

モノクロ写真の高画質写真素材


大津港 120219_0184.jpg
120219_0184ダウンロード

喜多方  120205_7272.jpg
120205_7272ダウンロード

喜多方  120205_6853.jpg
120205_6853ダウンロード

喜多方  120205_6896.jpg
120205_6896ダウンロード"

喜多方 120205_6900.jpg
120205_6900ダウンロード

喜多方  120205_6951.jpg
120205_6951ダウンロード

喜多方  120205_6960.jpg
120205_6960ダウンロード

喜多方  120205_6971.jpg
120205_6971ダウンロード
<
喜多方  120205_7172.jpg
120205_7172ダウンロード

喜多方  120205_7175.jpg
120205_7175ダウンロード

喜多方  120205_7200.jpg
120205_7200ダウンロード

喜多方  120205_7216.jpg
120205_7216ダウンロード

那珂湊  120219_0338.jpg
120219_0338ダウンロード

那珂湊  120219_0390.jpg
120219_0390ダウンロード

新潟県荒井浜  111218_4760.jpg
111218_4760ダウンロード

新潟県荒井浜  111218_4637.jpg
111218_4637ダウンロード

新潟県荒井浜  111016_3262.jpg
111016_3262ダウンロード

新潟県荒井浜  111218_4744.jpg
111218_4744ダウンロード

新潟県荒井浜  111218_4527.jpg
111218_4527ダウンロード

新潟県荒井浜  111218_4547.jpg
111218_4547ダウンロード

新潟県荒井浜  111218_4610.jpg
111218_4610ダウンロード

新潟県荒井浜  111218_4771.jpg
111218_4771ダウンロード

前沢集落  111125_4361.jpg
111125_4361ダウンロード

水引集落  111223_5010.jpg
111223_5010ダウンロード

新潟県荒井浜 111016_3277.jpg
111016_3277ダウンロード

新潟県荒井浜 111016_3367.jpg
111016_3367ダウンロード

水引集落 110906_2226.jpg
110906_2226ダウンロード

水引集落 110906_2247.jpg
110906_2247ダウンロード

前沢集落 110906_2117.jpg
110906_2117ダウンロード

前沢集落 110906_1913
110906_1913ダウンロード

水引集落 110821_1878.jpg
110821_1878ダウンロード

水引集落のひまわり 110821_1795.jpg
110821_1795ダウンロード

猿楽台のソバ畑 110821_1589.jpg
110821_1589ダウンロード

水引集落の冬の準備 110821_1796.jpg
110821_1796ダウンロード
created by Rinker
キヤノン
¥208,000 (2020/05/24 09:50:27時点 Amazon調べ-詳細)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

\ この記事どうでしたか /

-スナップ・モノクロ

© 2020 山野草を育てる