山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーハ行

ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)と園芸品種のケイトウ(鶏頭)

更新日:

ホソアオゲイトウ

ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)は、ヒユ科・ヒユ属で、明治時代に日本に入り、市街地の道端や荒地に帰化している南アメリカ原産の植物です。

茎は赤みを帯びることが多く、高さ0.8~2mになり、若い枝や葉には軟毛があります。

ケイトウ(鶏頭)は、ヒユ科・ケイトウ属でインド原産ですが古くから日本で栽培されていてなじみのある園芸植物です。

上のホソアオゲイトウ(細青鶏頭)は2006年9月29日に仙人ヶ岳で撮影したものです。

スポンサーリンク

ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)の特徴

ホソアオゲイトウ

ホソアオゲイトウ(細青鶏頭) 2006年9月29日 撮影 仙人ヶ岳

         
和名 ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)
学名 Amaranthus hybridus
科名・属名 ヒユ科 ヒユ属
分布 南アメリカ原産
花期 7~11月
特徴

南アメリカの原産の大型の1年草。

明治時代に日本に入り、市街地の道端や荒地に帰化しています。

茎は赤みを帯びることが多く、高さ0.8~2mになり、若い枝や葉には軟毛があります。

葉は互生し、長さ5~12㎝の菱状卵形で先は尖り、長い柄があります。

茎の先や葉腋に緑色の花穂が多数つく。

花穂には雄花、雌花、両性化がまじってつき、花は花被片より長い苞に包まれていて、苞の先は芒状に尖ります。

花被片は5個。胞果は長さ2㎜で熟すと横に裂けます。

h2>ケイトウ(鶏頭)の特徴
ケイトウ

ケイトウ(鶏頭) 2007年9月28日 撮影 緑化祭跡地

         
和名 ケイトウ(鶏頭)
学名 Celosia cristata
科名・属名 ヒユ科 ケイトウ属
分布 インド
花期 8~10月
特徴

日本への渡来は古く韓藍という古名で出ています。

トサカ系、久留米系、チャイルシー系、ブルーモーサ系があり、各品種があります。

高さは30~100㎝赤、桃、黄などがあり、花の形は品種によって異なります。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ーハ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.