スポンサーリンク

ミツガシワ科

アサザ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/13

アサザ(浅沙)

アサザ(浅沙)は、ミツガシワ科・アサザ属で本州、四国、九州の山地の池や沼などに生える多年生の水草です。 野草園で写したものですが、黄色の花が夢魔一面に咲いて見事でした。 浮葉植物であることから、波浪が高い湖沼には通常、生息することが少なく、池や水路の護岸工事や水質汚濁などにより、各地で個体群が消滅、縮小しているようです。 しかし、アサザ個体群の保全や復元により見ることのできるところが増えているようです。 上のアサザ(浅沙)は、2004年9月18日に花之江の郷で、撮影したものです。 スポンサーリンク アサザ ...

ミツガシワ(三槲)

自然の中の花科名―マ行

2018/3/8

ミツガシワ(三槲)

ミツガシワ(三槲)は、ミツガシワ科・ミツガシワ属で、の北海道、本州、九州の山地の湿地、沼に生える多年草ですが、亜寒帯や高山に多いようです。 ミツガシワ科のイワイチョウ属のイワイチョウ(岩銀杏)も1種1属ですが、花の形、葉の形などから区別はしやすい花です。 また、ミツガシワ科のイワイチョウと同じように花には柱頭が長く雄しべの短い長花柱花と雄しべが短く柱頭の長い短花柱花があり、個体によってちがっています。こういったシステムを異型花柱性と呼び自家受粉を避けるためと考えられていますが、他の植物にもあるようです。 ...

イワイチョウ

自然の中の花科名―マ行

2018/10/3

イワイチョウ(岩銀杏)

イワイチョウ(岩銀杏)は、ミツガシワ科・イワイチョウ属で、北海道、本州(東北地方、中部地方の日本海側)、南千島の亜高山帯~高山帯の雪田跡や湿地に生える1種1属多年草です。 亜高山帯~高山帯では出会う機会の多い植物で、花には柱頭が長く雄しべの短い長花柱花と雄しべが短く柱頭の長い短花柱花があるようですが、私が写した個体は長花柱花が多かったのですが、短花柱花も写すことが出来ました。 こういったシステムを異型花柱性と呼び自家受粉を避けるためと考えられていますが、他の植物にもあるようです。 上のイワイチョウ(岩銀杏 ...

© 2020 山野草を育てる