オカトラノオ(丘虎の尾)

サクラソウ科 オカトラノオ属  学名 Lysimachia clethroides

オカトラノオ(丘虎の尾)

2004.07.24 撮影  霧ヶ峰高原

オカトラノオ(丘虎の尾)

2003.8.3.撮影  志津温泉

オカトラノオ(丘虎の尾)

2003.06.16 撮影  三毳山東口






分布: 北海道、本州、四国、九州
花期: 6〜7月
特徴: 丘陵の日当たりの良い草地などに生える高さ0.6〜1mの多年草。
地下茎を長くのばして殖える。茎には短毛がまばらに生え、基部はやや赤みを帯びる。
葉は互生し、長さ6〜13cm、幅2〜5cmの長楕円形または狭卵形で、先端は尖る。
茎の先に長さ10〜30cmの総状花序を出し、白い小さな花を多数つける。花冠は直径約1cmで深く5裂する。
和名は花序を虎の尾に見立てたもの。

山野草を育てるNori&Wako のトップへ