山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

「 セリ科 」 一覧

マルバトウキ

自然の中の花科名ーサ行

マルバトウキ(丸葉当帰)とハマボウフウ(浜防風)の特徴

マルバトウキ(丸葉当帰)は、セリ科・マルバトウキ属で、北海道、本州北部から樺太、千島、カムチャッカ、アラスカの海岸に生える多年草で、全草無毛です。 ハマボウフウ(浜防風)は、セリ科・ハマボウフウ属で、 ...

オオチドメ

自然の中の花科名ーサ行

オオチドメ(大血止)の特徴

オオチドメ(大血止)は、セリ科・チドメグサ属で、全国の山野にごく普通に生える多年草です。 チドメグサの葉が、直径1~1.5cmであるのに比べ、直径2~2.5㎝の腎円形で、切れ込みは浅く、基部は深い心形 ...

ハクサンサイコ

自然の中の花科名ーサ行

ハクサンサイコ(白山柴胡)

ハクサンサイコ(白山柴胡)は、セリ科・ミシマサイコ属で、本州(中部地方以北)の亜高山帯~高山帯の開けた草地に生える多年草です。 八方尾根で見ることが出来ましたが、独特の花姿で、花時に出会うことが出来可 ...

スポンサーリンク



シャク

自然の中の花科名ーサ行

シャク(杓)、コリアンダーの特徴

シャク(杓)は、セリ科・シャク属で、全国の山野の湿り気のある草地に生える高さ0.7~1.4mの多年草です。葉は2回3出複葉で小葉は細かく切れ込みます。 ニンジンやパセリの仲間で葉の形がよく似ています。 ...

ヤブニンジン

自然の中の花科名ーサ行

ヤブニンジン(藪人参)、ヤブジラミ(藪虱)、セントウソウ(仙洞草)の比較

ヤブニンジン(藪人参)は、セリ科・ヤブジラミ属で、全国の林のふち、竹やぶなどの日陰に生える高さ30~70cmの多年草です。セリ科・ヤブジラミ属のは、野原や道端に普通に生える高さ30~70㎝の2年草で、 ...

ヤマゼリ

自然の中の花科名ーサ行

ヤマゼリ(山芹)とドクゼリ(毒芹)の比較

ヤマゼリ(山芹)は、セリ科・ヤマゼリ属で、全国の山野に生える高さ0.5~1mの多年草です。セリ科・ドクゼリ属のドクゼリ(毒芹)も山地の湿地などに生える高さ0.6~1mの多年草多年草で、葉は2~3回羽状 ...

ミヤマウイキョウ

自然の中の花科名ーサ行

ミヤマウイキョウ(深山茴香)の特徴

ミヤマウイキョウ(深山茴香)は、セリ科・シラネニンジン属で、北海道(渡島半島、)、本州(早池峰山、谷川連峰・至仏山~中部地方)、四国(剣岳)の亜高山帯~高山帯 の岩場に生える多年草です。 根生葉は3~ ...

ハクサンボウフウ

自然の中の花科名ーサ行

ハクサンボウフウ(白山防風)

ハクサンボウフウ(白山防風)は、セリ科・カワラボウフウ属で、北海道と本州の中部地方以北の亜高山帯~高山帯の開けた草地に生える高さ10~50cm多年草です。  自生地の亜高山帯~高山帯では個体数は多いよ ...

シラネセンキュウ

自然の中の花科名ーサ行

シラネセンキュウ(白根川弓)の特徴

シラネセンキュウ(白根川弓)は、セリ科・シシウド属で、本州、四国、九州の山地の林縁に生える多年草で、秋の低山地の湿り気のあるところに普通に生えているので見かけることの多い植物です。 葉は3~4回3出羽 ...

ウバタケニンジン

自然の中の花科名ーサ行

ウバタケニンジン(姥岳人参)の特徴|仲間のノダケ(野竹)

ウバタケニンジン(姥岳人参)は、セリ科・シシウド属ですが、葉は2~4回3出複葉で、小葉はニンジンの葉のように細裂し、光沢があることなどからシシウドの仲間とは思えないような感じがします。 自生地は四国、 ...

ミヤマトウキ

自然の中の花科名ーサ行

ミヤマトウキ(深山当帰)、オオバセンキュウ(大葉川弓)の比較

ミヤマトウキ(深山当帰)とオオバセンキュウ(大葉川弓)は、セリ科・シシウド属ですが、ミヤマトウキは低山帯~亜高山の湿った岩上に生え、葉は広三角形、2回3出複葉、表面につやがあります。 オオバセンキュウ ...

ミヤマシシウド

自然の中の花科名ーサ行

ミヤマシシウド(深山猪独活)とシシウド(猪独活)の比較

ミヤマシシウド(深山猪独活)とシシウド(猪独活)は、セリ科・シシウド属ですが、ミヤマシシウドは亜高山帯 ~高山帯下部の開けた草地に生え、茎に毛がないことや、小葉は細く、先は長く尖ることなどで区別できま ...

オオカサモチ

自然の中の花科名ーサ行

オオカサモチ(大傘持)の特徴

オオカサモチ(大傘持)は、セリ科・オオカサモチ属で、北海道と本州の中部地方以北にの低山帯~高山帯下部の開けた草地に生える、高さ50~150cmになる大型の多年草です。 葉は1~2回3出羽状複葉で、大型 ...

エゾノシシウド

自然の中の花科名ーサ行

エゾノシシウド(蝦夷の猪独活)とオオハナウド(大花独活)の比較

エゾノシシウド(蝦夷の猪独活)は、セリ科・エゾノシシウド属で、高さ0.6~1.5mになり、和名はシシウドに似て北海道に産することによりますが青森県でも見られるようです。 オオハナウド(大花独活)は、セ ...

エゾボウフウ

自然の中の花科名ーサ行

エゾボウフウ(蝦夷防風)とミヤマセンキュウ(深山川芎)の比較

エゾボウフウ(蝦夷防風)は、セリ科・エゾボウフウ属で、北海道と本州の中部地方以北の深山の木陰に生え、茎は高さ20~70cmで、根生葉や下部の葉は長柄がある多年草です。 ミヤマセンキュウ(深山川芎)は、 ...

スポンサーリンク



Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.