山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

「 イラクサ科 」 一覧

カラムシ

自然の中の花科名ーア行

ヤブマオ属のカラムシ(茎蒸)、メヤブマオ(雌藪苧麻)

カラムシ(茎蒸)は、本州、四国、九州、沖縄の人里近くに多い高さ1~2mの多年草で、和名は茎を蒸して皮を剥ぎ、繊維をとることによります。繊維は長くて丈夫なので、昔から上質の織物がつくられ、現在でも福島県 ...

アカソ

自然の中の花科名ーア行

アカソ(赤麻)、コアカソ(小赤麻)の比較

アカソ(赤麻)は、全国の山野のやや湿ったところに生える高さ50~80㎝の多年草で、先が3裂し、中央裂片は尾状に鋭く尖り、ふちには粗い鋸歯があるのが特徴です。 一方コアカソ(小赤麻)は、本州、四国、九州 ...

カテンソウ

自然の中の花科名ーア行

イラクサ科のウワバミソウ(蟒蛇草)、カテンソウ(花点草)、アオミズ(青水)を比較

ウワバミソウ(蟒蛇草)は、山地の蛇の出そうな陰湿な沢沿いに生える多年草で、山菜「みず」としても珍重されるイラクサ科・ウワバミソウ属で葉はゆがんだ長楕円形で、ふちに粗い鋸歯があるのが特徴です。 イラクサ ...

スポンサーリンク



Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.