山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

「 ハマウツボ科 」 一覧

ミヤマママコナ

自然の中の花科名ーハ行

ミヤマママコナ(深山飯子菜)とママコナ(飯子菜)の比較

ミヤマママコナ(深山飯子菜)、ママコナ(飯子菜)は、ハマウツボ科・ママコナ属で、北海道、本州、四国、九州の深山の林縁や草地に生える高さ20~50cm半寄生植物の1年草です。 とても似ていますが、ミヤマ ...

ハンカイシオガマ

自然の中の花科名ーハ行

ハンカイシオガマ(樊噌塩竃)の特徴

ハンカイシオガマ(樊噌塩竃)は、ハマウツボ科・シオガマギク属で、本州(関東地方~東海地方)の深山の林縁に生える、高さ30~90cmの多年草です。 葉は大形で下部に集り、葉身は羽状に全裂します。シオガマ ...

エゾシオガマ

自然の中の花科名ーハ行

エゾシオガマ(蝦夷塩竈)

エゾシオガマ(蝦夷塩竈)は、ハマウツボ科・シオガマギク属で、北海道、本州(中部地方以北)の亜高山帯~高山帯の開けた草地に生える多年草です。 黄白色の唇形の横向きにねじれた花が、葉腋の下段から上段に咲い ...

スポンサーリンク



トモエシオガマ

自然の中の花科名ーハ行

トモエシオガマ(巴塩竈)、シオガマギク(塩釜菊)の比較

トモエシオガマ(巴塩竈)は、ハマウツボ科・シオガマギク属で、本州(中部地方以北)の亜高山帯~高山帯の開けた草地に生える高さ20~50cmの多年草日本固有種です。 トモエシオガマは、シオガマギク(塩釜菊 ...

オニシオガマ

自然の中の花科名ーハ行

オニシオガマ(鬼塩竈)の特徴

オニシオガマ(鬼塩竈)は、ハマウツボ科・シオガマギク属で、本州(石川県以北の日本海側)の茎はあまり枝分かれせず、全体に白毛が多い深山の湿地に生える多年草です。 オニシオガマ直立して高さ0.4~1m、葉 ...

ヨツバシオガマ

自然の中の花科名ーハ行

ヨツバシオガマ、キタヨツバシオガマ、レブンシオガマの比較

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)、キタヨツバシオガマ(北四葉塩竈)、レブンシオガマ(礼文塩竈)は、ハマウツボ科・シオガマギク属で、亜高山帯~高山帯 の礫まじりの草地や岩場に生える半寄生の、多年草または1稔草 ...

コシオガマ

自然の中の花科名ーハ行

コシオガマ(小塩竈)の特徴

コシオガマ(小塩竈)は、ハマウツボ科・コシオガマ属ですが、以前はゴマノハグサ科に分類されていました。 コシオガマ(小塩竈)は全国の日当たりのよい草地に生える高さ20~60cmの多年草ということですが、 ...

ミヤマコゴメグサ

自然の中の花科名ーハ行

ミヤマコゴメグサ、ホソバコゴメグサ、ツクシコゴメグサの比較

ミヤマコゴメグサ(深山小米草)、ホソバコゴメグサ(細葉小米草)、ツクシコゴメグサ(筑紫小米草)は、ハマウツボ科・コゴメグサ属ですが、以前はゴマノハグサ科に分類されていて花はよく似ていますが、自生地が、 ...

ナンバンギセル

夏の花・山野草の育て方

ナンバンギセル(南蛮ん煙管)の育て方|ハマウツボ属の寄生植物のハマウツボ(浜靫)

ナンバンギセル(南蛮ん煙管)は他の植物に寄生して、そこから栄養を摂り成長する寄生植物で、ススキ、ミョウガ、サトウキビの根によく寄生します。 わが家はヤクシマススキに種を播いて育てましたが、紫の煙管にい ...

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.