山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

オドリコソウ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザの比較

投稿日:

オドリコソウ

オドリコソウ(踊り子草)、ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)、ホトケノザ(仏座)はシソ科・オドリコソウ属同じ仲間で、花は似ていますが、それぞれ特徴があり、見比べれば間違うことはありません。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)、ホトケノザ(仏座)は住宅地の中の植込みや空き地でも見かけますが、オドリコソウ(踊り子草)は山に行かなければ、自然に生えているものには出会えないと思います。

私が出会ったのは霧が峰高原で、形は帰化植物のヒメオドリコソウに似ていますが、花の大きさがかなり違います。

上のオドリコソウ(踊り子草)は、2004年7月2日に、霧が峰高原で写したものです。


スポンサーリンク

オドリコソウ(踊り子草)の特徴

         
和名 オドリコソウ(踊り子草)
学名 Lamium album var. barbatatum
科名・属名 シソ科 オドリコソウ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 3月~6月
特徴

山野のやや日陰に生える、高さ30~50cmの多年草。

茎は柔らかく、葉は対生し、長さ5~10cmの卵状三角形~広卵形で先端は尖り、ふちに粗い鋸歯があり、網目状の脈が目立ちます。

上部の葉腋に白色~淡紅紫色の唇弁花を密に輪生し、花冠は3~4cmで、上唇はかぶと状、下唇は3裂します。側裂片は小さく、中央裂片は大きくて前に突き出し、浅く2裂します。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)の特徴

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草) 2005年4月15日 撮影 四季の森星野駐車場付近


ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草) 2003年4月5日 撮影 散歩道


         
和名 ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
学名 Lamium purpureum
科名・属名 シソ科 オドリコソウ属
分布 日本全土に分布する帰化植物。ヨーロッパ原産
花期 3~5月
特徴

茎は四角形で高さ10~25cmになります。

葉は対生し、長さ1.5~3cmの卵円形で鈍い鋸歯があり、網目状の脈が目立つ。上部の葉は密集してつき、赤紫色を帯びます。

上部の葉腋に長さ約1cmの淡紅色の唇形花を密につけます。

帰化植物で日本で最初に発見されたのは明治26年。オドリコソウに似ているが、全体に小形なのでこの名があります。

ホトケノザ(仏座)の特徴

ホトケノザ

ホトケノザ(仏座) 2003年3月10日 撮影 散歩道


ホトケノザ

ホトケノザ(仏座) 2002年11月2日 撮影 下野国分寺跡


         
和名 ホトケノザ(仏座)
別名 サンカイグサ
学名 Lamium amplexicaule
科名・属名 シソ科 オドリコソウ属
分布 本州、四国、九州、沖縄
花期 3~6月
特徴

畑や道ばたに普通に生える高さ10~30cmの2年草。

葉は対生し長さ1~2cmの扇形円形で鈍い鋸歯があります。

上部の葉腋に長さ2cmの紅紫色の唇形花を密につけます。

蕾のまま結実する閉鎖化が多数まじります。

和名は対生する葉を蓮座に見立てたもの。

春の七草のホトケノザは本種ではなく、キク科のコオニタビラコです。この花は食べません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。



-自然の中の花科名ーサ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.