山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然野中の花科名ーカ行

シデシャジン(四手沙参)

投稿日:

シデシャジン

シデシャジン(四手沙参)は、日光植物園で写したので、名前がついていましたが、この花を調べるとなったらかなり苦労しそうな気がしました。

ヨーロッパアルプス、アペニン山脈原産のキキョウ科・フィテウマ属に、タマシャジンという変わった花の形のキキョウ科の花があり、私も育てていますが、最初から名前が分かっていても、キキョウ科ということには違和感を感じましたが、シデシャジン(四手沙参)もそれと同じくらいキキョウ科とは思えませんでした。

日光植物園で、花名と学名を見た時には、海外の花かと思いましたが、北海道、本州、四国、九州に分布しているということです。

まだ、どこでも出会ったことがない花ですが、いつか出会うことが出来ればうれしいと思っています。。

高山植物は意外と出会う機会が多いのですが、山地に自生する花は、道路から入らないので出会うことが少なく、絶滅危惧種になっているものが多いようですが、調べたらシデシャジン(四手沙参)も絶滅危惧種になっていました。

上のシデシャジン(四手沙参)は、2004年8月22日に日光植物園で写した花です。


スポンサーリンク

シデシャジン(四手沙参)の特徴

         
和名 シデシャジン(四手沙参)
学名 Asyneuma japonicum
科名・属名 キキョウ科 シデシャジン属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 6~8月
特徴

山地に生える多年草で茎は高さ0.5~1mになります。

葉は互生し、上部の葉は小形で無柄、下部の葉は短い柄があり、卵形または長楕円形で長さ5~12cm、先はとがり、ふちに不ぞろいの鋸歯があります。

花は茎頂と上部の葉腋からのびた総状花序につきます。

花柄は短く1~3㎜、花冠は青紫色で基部から5深裂し、裂片は線形で長さ約1cm、平開してそり返り、離弁状に見えます。

花柱は花冠裂片とほぼ同長だが花冠裂片が反り返るので長くつきでる。萼筒は短く、萼裂片は線形で全縁。

和名は花冠が細く裂けるのを神前につける神の四手にたとえたもの。

スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然野中の花科名ーカ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.