山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然野中の花科名ーカ行

キク科のノゲシ(野罌栗)、アキノノゲシ(秋の野芥子)、ブタナ(豚菜)

投稿日:2017年4月20日 更新日:

ノゲシ

ノゲシ(野罌栗)は、キク科・ノゲシ属の日本全土の道ばたや畑の縁などに生える、高さ0.5~1mの2年草ですが、踏まれたりおられたりするためかそれほど大きくなっているおは見かけませんでしたが、雑草で綿毛が飛んで殖えます。

アキノノゲシ(秋の野芥子)は、キク科・アキノノゲシ属で、仲間ではありませんが、日当たりの良い荒地や草地などに生えることから、大きく育った姿を見かけます。

花は淡い黄色で綺麗な花ですが、繁殖力が強いために庭植には向きません。

まだ、どこでも出会ったことがない花ですが、いつか出会うことが出来ればうれしいと思っています。ソブは長野県木曽地方の方言でそばかすのことで、バアソブ(婆ソブ)というようです。

うっかり内側の写真を写していなかったことが悔やまれています。葉が披針形で深裂しない、ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野罌粟)も見かけますが分類していません。

上のノゲシ(野罌栗)は、2002年11月2日に下野国分寺跡で写した花です。


スポンサーリンク

ノゲシ(野罌栗)の特徴

ノゲシ

ノゲシ(野罌栗) 2003年11月23日 撮影 三毳山


         
和名 ノゲシ(野罌栗)
別名 ハルノノゲシ
学名 Sonchus oleraceus
科名・属名 キク科 ノゲシ属
分布 日本全土
花期 4~7月
特徴

道ばたや畑の縁などに生える、高さ0.5~1mの2年草。

茎は中空で多数の稜があります。

葉は柔らかく、長さ15~25cm、幅5~8cmで羽状に切れ込み、縁には不ぞろいの鋸歯があります。

頭花は黄色で直径約2cm。舌状花は多数ある。花柄と総苞にはしばしば腺毛があり粘ります。

和名は根が朝鮮人参に似ていることによります。朝鮮人参の偽物として出回ったこともあるといいます。

葉がケシの葉に似ていることによります。

アキノノゲシ(秋の野芥子)の特徴

アキノノゲシ

アキノノゲシ(秋の野芥子) 2006年10月13日 撮影 三毳山


アキノノゲシ

アキノノゲシ(秋の野芥子) 2003年10月8日 撮影 散歩道


         
和名 アキノノゲシ(秋の野芥子)
学名 Lactuca indica
科名・属名 キク科 アキノノゲシ属
分布 日本各地、朝鮮、台湾
花期 9~11月
特徴

日当たりの良い荒地や草地などに普通に生える高さ0.6~2mの1~2年草。

葉は互生し、茎の下部の葉は長さ10~30cmで逆向きの羽状に裂けます。茎の上部の葉はほとんどが全縁で小さい。

茎の上部に直径約2cmの頭花を円錐状に多数つけ、頭花は普通淡黄色、まれに白色、淡紫色で、昼間開き、夕方にはしぼみます。

そう果は長さ約5㎜で短いくちばしがあります。

殺風景な荒地に高く伸びて、次々に黄色の花を咲かせるのは見事であるが、庭に植えると種子がばらまかれて大切な草花を害する恐れがあります。

ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野罌粟)はアキノノゲシの葉が披針形のもので葉が深裂せず、基部も茎を抱かないが、最近ではアキノノゲシに含め、分類しないのが普通ということです。

下の写真がホソバアキノノゲシ(細葉秋の野罌粟)です。

アキノノゲシ

ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野罌粟) 2005年10月12日 撮影 名草巨石群近辺


アキノノゲシ

ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野罌粟)葉 2005年10月12日 撮影 名草巨石群近辺


ブタナ(豚菜)の特徴

ブタナ

ブタナ(豚菜) 2006年7月4日 撮影 礼文島


ブタナ

ブタナ(豚菜) 2005年7月13日 撮影 美瑛


         
和名 ブタナ(豚菜)
学名 Hypochaeris radicata
科名・属名 キク科 エゾコウゾリナ属
分布 ヨーロッパ原産
花期 6~9月
特徴

1933年に札幌ではじめて気づかれ、その後各地に帰化しているのが分かりました。

葉はすべて根生し分裂しないものから羽状に深裂するものまで変化があり、両面に毛が多い。

花茎は高さ50㎝以上になり、分枝しないかわずかに枝を分かち、頭花は黄色で直径3~4㎝。

そう果には刺状の突起が密生し、先は長い嘴状にのびます。

冠毛は羽毛状。

原産地ではハーブとして食用にもされます。

スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然野中の花科名ーカ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.