山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーア行

カラスノゴマ(烏の胡麻)の特徴

投稿日:2017年5月20日 更新日:

カラスノゴマ

カラスノゴマ(烏の胡麻)は、アオイ科・カラスノマゴ属の道ばたや畑などに生える高さ30~90㎝の1年草です。

雑草なのでしょうが、雑草とは思えないような黄色の魅力的な花が咲き、初めて出会った時には感動し、下から覗き込むように写しました。道ばたや畑などに生えるということですが、それほどは見かけないのは、花が葉の下にあるために目立たないのかもしれません。

従来の分類ではシナノキ科若しくはアオギリ科に分類されていましたが、現在のAPG分類体系ではアオイ科に分類されています。

上のカラスノゴマ(烏の胡麻)は2005年9月13日に仙人ヶ岳で撮影したものです。


スポンサーリンク

カラスノゴマ(烏の胡麻)の特徴

カラスノゴマ

カラスノゴマ(烏の胡麻) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳


カラスノゴマ

カラスノゴマ(烏の胡麻) 2006年9月28日 撮影 仙人ヶ岳


         
和名 カラスノゴマ(烏の胡麻)
学名 Corchoropsis crenata, Corchoropsis tomentosa
科名・属名 アオイ科 カラスノマゴ属
分布 本州、四国、九州
花期 8~9月
特徴

道ばたや畑などに生える高さ30~90㎝の1年草。

茎や葉、萼、蒴果などに星状毛があります。

葉は互生し長さ2~7㎝、幅1.5~3.5㎝の卵形。

花は葉腋に1個ずつつき、黄色で直径1.5~1.8㎝。

花弁は5個、萼弁は線状披針形で反り返り、雄しべは多数ありその間に雄しべより長い仮雄しべが5個あります。

蒴果は長さ2.5~3.5㎝で細長い。

名前は、種子を烏の食べる胡麻にたとえたものといいます。

カラスノゴマ

カラスノゴマ(烏の胡麻) 2005年10月12日 撮影 名草巨石群近辺


スポンサーリンク



スポンサーリンク



山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。



-自然の中の花科名ーア行

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.